低利の不動産担保ローンを利用してクレジットカードの返済をした経験

おまとめローンの審査に落ちて

20代の頃から見栄を張るためにクレジットカードで高級ブランド品を大量に購入して、リボ払いを利用して返済していました。
当時の私は会社員で安定した収入があったので毎月の返済は続けていましたが、30代半ばになって気が付けば7枚のクレジットカードを作って合計で350万円を超えていました。
当時はリボ払いの返済額を最低金額に設定していましたが、それでも月々の支払いが苦しくなりました。
さすがに危機感を感じてクレジットカードの明細を見ると、返済したはずのお金の大半が利息に消えていて、元金の返済に充てられていたのは月々の支払額の3割程度でした。
リボ払いの金利が高かったので、最低金額で返済を続けると完済するために借金額の2倍以上(800万円前後)を支払わなければならないことが判明しました。
利息が高い状態だといつまで経っても借金が減らずに利息を支払い続けてしまうことになるので、低利のローンに借りかえをすることにしました。
最初は無担保の「おまとめローン」に申し込みをしてみましたが、審査に通過することができませんでした。
銀行の方と相談をしたところ、不動産担保ローンを勧められました。
私は既に亡くなった叔母が所有していた古くて小さな一戸建ての住宅に住んでいて、土地と建物は自分の名義になっています。
銀行の方から住宅を担保にすれば低利で不動産担保ローンが借りられる可能性があると言われたので、さっそく審査に申し込みをすることにしました。

おまとめローンの審査落ちた。

全部支払日違うからめんどくさいんだよな😭😭😭

— Miyu@借金女子 (@Miyu73359454) July 12, 2021

おまとめローンの審査に落ちて不動産担保ローンでカード払いの借金を返済月々の返済額を減額して完済を目指してます